情報セキュリティポリシー

ブレインセル株式会社(以下、当社)は、情報資産を様々な脅威から確実に守る事が重要な責任であることを踏まえ、情報セキュリティを一定の水準に保つことによって、業務の信頼性と安全性の向上及び、法令への適合性を継続して実現します。
  1. 基本方針 「社員のセキュリティ意識の醸成と、セキュリティ管理の適切な遂行により、セキュリティインシデントを発生させない体制を維持する」ことを基本とします。
  2. トップマネジメントの責任 トップマネジメントは、基本方針のもと、リーダーシップを発揮して情報セキュリティの継続的な改善に努めることをコミットします。
  3. 社内推進体制の確立 当社は、委託元のデータベース環境を活用してデータ分析やデジタルマーケティング施策の企画・実行等の業務を行っています。従いまして、それらのデータを安全に取り扱う為の情報セキュリティに関する社内規程を定め、情報セキュリティ統括組織が総合的に管理・推進する体制を確立します。
  4. 社員への教育 当社は、社員が情報セキュリティに必要な知識やノウハウを確実に習得する為、計画的な教育を実施し、情報セキュリティへの取り組みを確かなものにします。
  5. コンプライアンス 当社は、情報セキュリティに関する法令や社会的な倫理を遵守し、社会の期待に応え、お客様から高い信頼を得られるように行動します。
  6. 事故に関する対応 当社は、セキュリティ事故を発生させないために必要な予防措置を講じます。万が一、事故が発生した場合は、早急な復旧に努め、必要な再発防止策を策定します。
  7. 違反に関する対応 当社は、情報資産の取り扱い等について、従業員が守るべき遵守事項を社内規程に定めており、違反者は懲戒処分の対象となります。

制定日:2021年11月30日
ブレインセル株式会社
代表取締役社長 今西 謙太郎